デジタルお絵描き初心者向け!影を付けるレイヤー

こんにちは、やっこちゃんです。

 

今日はデジタルお絵描き初心者の超初心者の方のために『レイヤー』についてお話しさせていただきます。レイヤー機能のあるイラストソフトが手元にある前提で話させていただきますね。

 

目次

  • そもそもレイヤーとは?
  • 影を付けるときに便利な『乗算レイヤー』!
  • 乗算レイヤーの効果的な使い方

 

そもそもレイヤーとは?

『レイヤー』って言葉、よく聞きますよね。『レイヤー』を英訳すると『層』。これはデジタルイラスト作成特有のツールです。『透明な下敷きのようなもの』とイメージしていただけるといいかもしれません。

それをうまく使うとこんな感じ。

f:id:yakkox:20160719113213p:plain

めっちゃいい〜〜!!!

線がつぶれません。手元にお絵描きソフトがある人は試してみてください。

ちなみにレイヤーはこんな感じで、透明な下敷きを重ねる順序は「線が上」です。

f:id:yakkox:20160719113518p:plain

(レイヤー名の変更は、CLIP STUDIO PAINTならレイヤーを選択して状態でenterもしくはreturnキーを押すと変更できます。その他のソフトは右クリックしたら出てくるメニューから変更できます。)

 レイヤーの仕組みが理解できたならここから先は楽々です。次は便利なレイヤーの使い方を説明します。

 

影を付けるときに便利な『乗算レイヤー』!

さて、素敵なイラストを見ていると気になるのが影。これってつけるの大変じゃないのかな?っていうかどうやって影の色を考えてるの……?って思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

いちいち影の色を考えて描くのは大変です!ので、今回は便利な『レイヤー機能』について知っていきましょう!レイヤー機能といってもたくさんあるので覚えるのは大変なのですが……今回は見出しにもあるこれ、『乗算レイヤー』だけ覚えて帰れば大丈夫。

まずこんな風に『線』『影』『色ぬり』の3つのレイヤーを作ります。この時点でこんな感じ。

f:id:yakkox:20160719114805p:plain

f:id:yakkox:20160719114854p:plain

影はまずはグレー系の鈍い色で塗ることをおすすめします。

 

次に、左上のレイヤー『通常』の部分をクリックして、

 

 

f:id:yakkox:20160719114955p:plain

CLIP STUDIOならこんな感じで出てきます。(他のお絵描きソフトにも乗算はあります。)

『乗算』を選択すると……

f:id:yakkox:20160719115158p:plain

いい感じの影の色になりました!!これだけでは分かりにくいので他の色のものも用意しました。草です。

f:id:yakkox:20160719115409p:plain

f:id:yakkox:20160719115413p:plain

グレー一色で影がつけられる!草、人の色の違う物ごとに影の色を考えなくて済むんだ……最高……。

 

乗算レイヤーの効果的な使い方

「ふんふんなるほどね乗算レイヤーで簡単に影がつけられることはわかったよ、でもグレーだといまいちぱっとしないんだよね〜〜」という方のために。

乗算レイヤーは必ずしもグレーで影の色を塗る必要はないんです

f:id:yakkox:20160719133526p:plain

f:id:yakkox:20160719133528p:plain

f:id:yakkox:20160719133529p:plain

f:id:yakkox:20160719133530p:plain

左は使った色を通常レイヤーで表した場合の色味です。赤みのある色で塗ると乗算レイヤーでは赤みのある影に、青っぽい色で塗ると青みのある影になります。描きたいイラストの雰囲気に合わせて変えてみてください!彩度の低い色(中学校の美術の教科書に載ってる彩度・明度・色彩は覚えておくといいかなと思います)で影をつけると失敗は少ないかなと思います。ビビッドなイラストでは影色は彩度の高い方がポップな印象になります。

 

おわりに

この乗算レイヤーが使えるようになったら大きな進歩です!やったね! できた自分を褒め称えあげましょう。そして、これからも無理をせずのんびりお絵描きで「できること」を増やしていきましょう。